RMP NOW

各担当者が語る、ココだけの話!

異なる文化に触れ、新たな学びを。
ベストイレブン副賞視察 inオランダ

   

今回の担当者は…
2016RMPベストイレブン
グランプリ 西村 泰宏さん

カーセンサー編集長

2005年、新卒入社。海外旅行ディビジョン 営業推進グループに営業配属。
2008年、進学カンパニーにて首都圏の大手専門学校を担当。その後、『進学事典』など情報誌の商品企画を行う。
2015年、自動車事業本部 編集グループへ異動。 『カーセンサー』本誌の編集とリニューアルプロジェクトの推進を行う。 ネットコンテンツなども含め、全体のデスク業務を担当。2017年4月より現職。現在に至る。

■今回のNOWな話を聞かせてください

  • 先期RMPで成果をあげた11名のベストイレブンが、新たな学びを得る成長機会の場として提供された副賞視察。海外と国内の2地域に分かれ、視察してきました。
    6月5日~11日、5泊7日で訪れたオランダでは、教育や働き方など最先端の取組みに触れ、日本の常識とは異なる学びを得ることが出来ました。

■オランダ視察では、どのような学びがありましたか?

  • 視察では、オランダで普及している進歩的な教育“イエナプラン”を採用する小学校見学、スタートアップ企業などが集う広大なシェアオフィスの体験、電動自動車メーカのショールーム見学、ホームステイなど、様々な場所へ訪れました。

  • 特に印象に残っているのは小学校見学。彼らは自分で目標を立て、達成度合いを都度、振り返るクセづけを小学校1年生から行っているんです。まさにRMPで運用しているWill・Can・Mustシートのような仕組みに驚きました。
    今回の視察では、システム的な話に留まらない根底にある価値観とその醸成過程に触れることができ、とても貴重な機会でした。