Facebook
RMP NOW

事業の最新トピックスをご紹介

RMP

社員ひとりひとりのライフイベントにも寄り添う会社へ-
“男性社員の育児休暇必須化”がスタート!

「人生に“しあわせの総量”を増やす」ことをビジョンに掲げ、ひとりひとりのライフイベントに寄り添ったサービスを提供するRMP。出産・育児は大きなライフイベントの一つであり、RMPではより多くの社員がその機会に関わりやすくなるよう、10月1日より男性社員の育児休暇取得を必須化する制度をスタートした。5日間の育休取得を必須とし、最長20日間での取得が可能。ワークだけではなく、ライフも大事にするRMPの新しいチャレンジがまた一つ、始まった。

女性社員の育児休暇取得はほぼ100%ですが、男性社員の育児休暇取得はまだ少ない現状がありました。ライフの大きな転換期、ワーキングファーザーにとってもたくさんの気づきを得られる機会となればと思い、必須化をスタートさせました。

企画統括室 経営管理部 人事企画グループ 野村 由美子

まなび

プログラミングが人気上昇中!?『ケイコとマナブ』2016年子どもの習い事ランキング発表!

習い事・趣味・資格の検索サイト『ケイコとマナブ』から2016年子どもの習い事ランキングが発表された。首都圏1都3県で小学生以下の子どもを習い事に通わせている927名の母親を対象に“今習っている”“今後習わせたい”習い事をランキング形式で調査。
総合ランキングでは、「水泳」「英会話・英語」が昨年に引き続き上位にランクイン。注目すべきは、今後習わせたい習い事のトップ10にパソコン関連(ソフトの使い方やプログラミングなど含む)がランクインした点だ。
年齢別に見ても、小学校低学年・高学年が昨年より順位を上げトップ10入りしている。パソコンやスマートフォンなどIT技術は子どもにとっても身近にある存在。政府も小学校の教育からプログラミングを必須化しようという動きがあり、ニーズが高まってきているようだ。

次世代の教育について語られる際、「英語」と共に「IT」というキーワードが頻繁に使われるようになってきたと感じます。子どものプログラミングスクールがニュースで取り上げられる機会も多く、習い事としてのプログラミングが注目されています。子どもにとって興味の持ちやすい入口を用意した講座も充実してきており、受講生も年々増えているようです。

まなび事業本部 メディアプロデュース統括部 事業企画部 市場開発グループ 廣田 知子