ONE RMP

全国対抗“OneRMP”的取り組みを紹介!

「関西発!ナニスタグラム」など、個性豊かな6クラスが取組む組織活性!

梅田阪急ビル

【関西エリアとは?】梅田駅直結の関西拠点には、32階のオフィスにまなび・マリッジ&ファミリー事業本部の約150名のメンバーが在籍。今期は、「お好み焼き」「マハロ」「ランドルト」「728(ナニワ)」「関シャイ、せっかく会ったことですし、」「女性過多」の6クラスに分かれ組織活性に取り組む。
【今回の担当者】OneRMPプロジェクト 関西エリア担当 隈本圭佑・籾井基義 

■今期のOneRMPプロジェクトのポイントを教えてください!

  • 「『職場が楽しいと仕事も楽しい!事業を越えてまずはクラスから』をテーマに掲げ、約150名を6クラスに分け、気軽に意見を言い合える活気ある状態を目指します。また、各クラスそれぞれ個性あふれる名前を付けている点も仲良くなる秘訣です!(笑)」

■今回の関西エリア “OneRMP”な取り組みは何ですか?

  • 「各クラスから続々と事例も届いています。728(ナニワ)クラスでは、『ナニスタグラム』という名前を付け、社内チャットツールに投稿。仕事で訪れたエリアの情報やちょっとした豆知識など、役立つ話からたわいもない話まで、みんなで投稿することで当事者意識を醸成中です。」

  • 「また、ランドルトクラスでは『自己紹介バトン』を毎日回し、クラス内で盛り上がっています。まずはメンバー同士、顔と名前の一致から始め、相談しやすい風土づくりを進めています。その他のクラスも含め、ゆくゆくは関西エリアから事業を越えた新たな価値創造が生まれることを期待しています。」

■One RMP PJTとは?

  • 全国8エリアで「事業・組織を超えた交流や関わりを生み出し “関係の質”を高め、知見交流やアクションを生み出す」をテーマに 活動する全社プロジェクトです。