Facebook

【リリースやイベントの裏話】
Slush Tokyoで東南アジアでのビジネスを語る!

【RMPiece of cake】は、RMPのことをもっと気軽に知ってもらいたいという想いから生まれました。サクッと読める記事を定期的に発信していきます。

2018-04-06

こんにちは。Quipperインドネシアの本間です。

先日、世界最大級のスタートアップイベント「Slush Tokyo2018」が3/28、29に東京ビッグサイトで行われました。
昨年に引き続き登壇し、「Global Expansion - Strategies for the Southeast Asian Market」をテーマに、東南アジアを代表する起業家2人とパネルディスカッションを行いました。

スラッシュ.PNG東南アジアにおけるIT/WEB領域はここ数年で急激に成長しています。「Grab」、「Tokopedia」、「Traveloka」といったユニコーン企業も次々と登場し、優秀な若者もどんどん起業しています。巨大な投資や、M&Aが活発化、起業家間での経験のシェアなども進み、スタートアップエコシステムが一気にできあがってきているな、と実感します。Quipperもインドネシアやフィリピンにおいて、オンライン教育ナンバー1プレーヤーとして、業界を牽引しています。

パネルディスカッションおよびQ&Aセッションでは、東南アジアで成功するための鍵となることを話しました。「東南アジアと一括りにするのではなく、国レベルの、そして国の中の地域レベルでの、ローカライゼーションを大切にする」「まだまだ未熟なデジタルエコノミーに適応するために、顧客との直接の接点を大切にする」などといった知見の共有で時間をオーバーするほど白熱した議論になりました。

東南アジアは次の5年、10年で大きく成長していきます。
Quipperは、その成長の土台となる教育を支えていくために、最高のサービスをできるだけ多くの子どもたちに届けていきたいと思っています。

プロフィール画像

本間 拓也

Quipper インドネシア

2011年Quipperに入社、創業メンバーとなる。2015年からQuipperインドネシアのカントリーマネジャーとしてメンバーを牽引、現在に至る。

RECRUITMENT

  • 営業職はこちら

    営業職はこちら

  • 企画・スタッフ職はこちら

    企画・スタッフ職はこちら

  • エンジニア・デザイナー職はこちら

同じカテゴリの特集