Facebook

【だから今日も、前をみて頑張れる】
クライアントの想いに触れ、胸が熱くなった言葉

本日より連載スタート!【RMPiece of cake】は、RMPのことをもっと気軽に知ってもらいたいという想いから生まれました。サクッと読める記事を定期的に発信していきます。

2017-12-07

入社2年目の大震災。
クライアントの想いに触れ、胸が熱くなった言葉。

それは社会人2年目のこと。
私は、ゼクシィ営業として東北エリアを担当していた。
支社に戻る新幹線の中で起こった、東日本大震災。私も被災し、トンネル内で20時間閉じ込められた。 1995年に起こった阪神淡路大震災を体験していることから、ただ事ではないことは容易に想像がついた。
そして、創刊以来初めて、ゼクシィは休刊*に。 生きるか死ぬかの状況の中で、誰も結婚なんて言える雰囲気ではなかった。自分はどう行動すればいいのか、何が出来るのか、ひたすら考えていた。
そんなとき、担当していたジュエリーショップのクライアントからのある言葉に胸が熱くなった。

「こんなときだからこそ、ダイヤモンドを見て地域の人に少しでも希望をもってほしいんだ」

原発事故の不安があった福島に住んでいる人たちはとても不安な毎日を過ごしていた。その中で震災後も通常どおりに営業していたクライアントの姿があった。
私はそこに商売の本質を見た気がして、覚悟を決めた。
1組も来店されない状況の中であっても、やれることはなんでもやる、と。
クライアントの想いを伝える事がゼクシィや私の使命だと感じた。
戦略的な提案や机上の空論ではなく、どうやったら人は動くのか、前に進めるお手伝いができるのか、それが全てなんだと学んだ。

それは、目の前の人に貢献することが、周りの人をも幸せにする、さらに世の中を幸せにしていくんだ、と強く感じた瞬間だった。

6年が経ち、今は採用を担当している。 学生に、少しでもそんな商売の本質を感じて欲しい。だからこそ、正解を追い求めるのではなく、答えのない解を自ら見つけ、人の感情をリアルに揺さぶるリアルなインターンにこだわりたいと思う。

Piece2.PNG

(*)2011年3月発売号の全5版(青森・秋田・岩手版/宮城・山形版/福島版/茨城・栃木・群馬版)が休刊となった。

【Recruit Marketing Partners Winter Internship 2017】
「実在するクライアントへの戦略提案プログラム」
私たちと一緒に、本気で世の中を変えることに挑戦しませんか。
多様な人の中で、感情を揺さぶられる経験を、自己成長を追求しましょう。
冬期インターンシップのエントリーお待ちしております!
https://job.rikunabi.com/2019/company/r940630042/internship/
【応募締切:2017年12月16日(土)】

プロフィール画像

木村 光康

企画統括室 経営管理部
採用グループ グループマネジャー

2009年に新卒入社。ゼクシィ営業としてジュエリーショップやドレスショップを担当。東北エリア配属後、北海道・首都圏を経て、2016年に採用グループのマネジャーとして着任。現在に至る

RECRUITMENT

  • 営業職はこちら

    営業職はこちら

  • 企画・スタッフ職はこちら

    企画・スタッフ職はこちら

  • エンジニア・デザイナー職はこちら

同じカテゴリの特集