Facebook

RMP FEATUREスタディサプリ

滋慶学園グループ×RMPまなび事業が「未来共創造ミーティング」を開催

【RMPiece of cake】は、RMPのことをもっと気軽に知ってもらいたいという想いから生まれました。サクッと読める記事を定期的に発信していきます。

2019-03-22

2018年12月、RMPまなび事業部は、滋慶学園グループの総長・浮舟邦彦氏をお招きし「未来共創造ミーティング」を開催。

滋慶学園グループは、医療・福祉を中心に、スポーツ、アートなど多彩な専門学校75校を全国展開する日本有数の学校法人。約500職種24万人以上の卒業生を輩出しています。総長・浮舟邦彦氏は、1976年の新大阪歯科技工士専門学校(現名)創立以来、滋慶学園グループを牽引。近年では日本初のクラシック専門コンサートホール「ザ・シンフォニーホール」(大阪府)を、「文化遺産を守る」との想いから譲渡を受け、事業再生したことでも話題となりました。

そんな浮舟総長と交流できる稀有な機会が設けられたことで、全国からまなび事業部組織長が集結。浮舟総長とリクルートのまなび事業が、事業の立ち上げ時期から発展の道のりを共に歩んできた歴史を振り返ると共に、2019年の専門職大学新設、2020年大学入試改革など、"戦後最大の教育改革"と言われる日本の教育業界の未来に向けて、これからどのように価値創造していけるかを共創造しました。

前半のセッションでは「これから求められるリーダーシップの在りかた」というテーマで、浮舟総長からご講演をいただき、 「サービスマインドとベンチャースピリット」 「組織は大きくするものではなく強くするもの」 「問題があることが問題ではない。問題に向き合わないことが問題だ」 等々、組織長におけるリーダーシップについて多くの示唆に富んだお言葉を頂きました。

画像①.jpg

その後は、各テーブルで気づきをダイアログしながら、更に総長と対話を重ねることで理解を深めていきました。

画像②.jpg

総長が大切にされているお考えから、自らの事業の状況と重ね合わせながら課題解決のヒントを探るまなび事業の組織長たち。

画像③.jpg

後半のセッションでは、「滋慶学園と我々がパートナーシップを組むとしたら?」をお題に漁業や農業の協業事業などへと想像を膨らませ、未来を探求しました。

執行役員の吉澤克彦は、
「"78歳というご年齢にして、そのモチベーションの源泉は何ですか?"と質問した際に"好奇心です!" と仰っていたのが僕にとっては衝撃的でした!目の前の業務に追われる中で、やらなくてはならないことに心を奪われがちになりますが、ワクワクした気持ちがなければリクルートらしくないなぁ、と。メンバーの面白いと思えること、やりたいことを支援する会社でありたい、と心を新たにしました。」と振り返る。

画像④.JPG

参加者からは、
「好奇心を持ち続けることで、人は何歳になっても成長できる、ということが発見だった」
「人生100 年時代のロールモデルをまさに体現されており、自分の人生を想像してみた」
「強い組織を作るということは、マネジメントを超えて文化を創ることだと感じた」
「文化・風土を作っていくには、ビジョンを言い続けること大切だと気づいた」
――など、今後のリーダーとして大切にすべき学びがあったと多くのコメントが聞かれました。
浮舟総長への感謝と共に、これからの教育業界への新たな価値をクライアントと共に生み出していきたいと、決意を新たにする一日となりました。

画像⑤.JPG

プロフィール画像

吉澤 克彦

営業統括本部
まなび領域教育機関広報統括部
Division Director

1994年リクルートへ新卒入社。住宅情報(現:住まいカンパニー)へ配属され、版元長・事業推進を担当。2006年、新しい価値の創造を表彰する全社制度ARINAを受賞。カンパニーパートナーを経て、2010年より自動車事業の営業・企画両部門を担当し事業再生を手がける。 その後、RMP経営理念策定リーダーとしてビジョン策定を担当。2014年、リクルート北関東マーケティング代表取締役社長。2016年4月より現職。

RECRUITMENT

  • 営業職はこちら

    営業職はこちら

  • 企画・スタッフ職はこちら

    企画・スタッフ職はこちら

  • エンジニア・デザイナー職はこちら

同じカテゴリの特集