Facebook

現地学生との交流で発見!
歴史や文化から学び仕事のヒントに
ベストイレブン研修レポート ドバイ編

昨年RMPで圧倒的な成果をあげた「ベストイレブン」のメンバーたちが、今年6月、いつもの職場を飛び出して新たな「学び」や「成長」を求めて国外視察!今回はドバイの視察レポートをお届けします。

2019-07-18

こんにちは、マリッジ&ファミリー領域営業統括部でゼクシィの営業をしている宮脇です。
先日ベストイレブン受賞者の研修としてドバイを訪問しました。

写真①(サムネイル).jpg

最も印象に残ったのは、現地のUAE大学を訪問し、学生と交流したことです。UAE大学には「日本文化を理解し、文化交流する」ためのサークルがあり、学生たちと多様なテーマで意見交換しました。彼らから現地の生活・教育環境のほか、日本に興味を持った理由を聞いたり、私たちから彼らの知らない日本の魅力を伝えたりして、プライベートの旅行とはひと味違う貴重な経験をしました。
ちなみに彼らが日本に興味を持った理由は、日本語の音感が好き、漢字や平仮名にデザイン性があって好き、アニメが好き、和太鼓がカッコよくて好き...など。彼らいわく「どれも中東や欧米にはない、日本独特の文化だ!」とのこと。私たちにとって意外なことが魅力に映ることに驚くと同時に、日本に住む私たちより彼らのほうが歴史・文化に詳しく、逆に学ばせてもらうことも多くありました。

写真②.jpg

私からは、日本の経済や政治、少子化問題について紹介するだけでなく、教育現場、結婚、育児の話題を通じてリクルートのビジネスを説明しました。彼らはどんな話題にも目を輝かせ、「日本は憧れだ」と喜んでくれました。
UAEは1971年にイギリス保護領から独立し、50年ほどの歴史において誰もが驚くスピードで経済発展を遂げました。そんなUAEで育った学生たちにとって、日本が第二次世界大戦後、高度経済成長期を経て今日まで発展したことに尊敬の念を持って受け止められていることにも驚きました。

「未来を見て、何が起きるかを予測しなさい」という言葉は私も日ごろから耳にしますが、UAEの学生たちと接してから「日本の歴史や文化をもっと調べると、ビジネスに関するヒントが隠れているかもしれない」と考えるようになりました。

RMPの事業である、教育・結婚・出産・婚活・自動車の領域は、どれも戦後の日本経済と文化を起点に創られ、発展してきたと言えます。経済や文化の変遷の中で、ビジネスがどう変化してきたのか、社会から何が求められてきたのか、どんな想いを大切にしてきたのか。過去の延長線上から「今」と「未来」を見つめなおすと、新たな気付きがあるかもしれません。 今一度、歴史や文化を学びなおし、これからの仕事に生かせそうなヒントを見つけたいと思います。

プロフィール画像

宮脇 大

営業統括本部
マリッジ&ファミリー領域営業統括部
総合企画部 企画開発4グループ

2017年にリクルートジョブズから転籍。現在は結婚式場やゲストハウスの営業を担当。『2018年度RMPベストイレブン』受賞。

RECRUITMENT

  • 営業職はこちら

    営業職はこちら

  • 企画・スタッフ職はこちら

    企画・スタッフ職はこちら

  • エンジニア・デザイナー職はこちら

同じカテゴリの特集