Facebook

営業

常に自己ベストを更新しつづける、
それが成長の源

営業統括本部まなび領域高校支援統括部
石山 陽介

  • 入社後から現在まで
    2014年中途入社、キーマンズネット事業部に配属。翌年、まなび事業部へ異動。新潟・長野、静岡・神奈川担当を経て、2018年にチームリーダーに任用。現在に至る。

更なる成長を求めてリクルートへ、
自分はどうしたいか?自問自答する日々

前職は証券会社で働き、2年目で全国トップに輝くなど華麗な経歴とともに社会人としてのキャリアをスタートさせた石山。

「『常に自己ベストを更新し続けたい』という想いがあり、競い合って1番を取るとか、誰よりもお金を稼ぐとか、他人と比べることよりも、本当のライバルは自分自身であることを強く意識するようになりました。そこで、より成長できそうなリクルートへの転職を決意。入社当時は、前職の経験もあるし余裕だろうと。でも、環境も仕事のやり方も全然違う状況に対応できず、まさに屈辱を味わいました」

転職1年目"過去の自分を超えたい"という石山の想いは空回りしてしまう。今まで他人と競う、出世するという目的で行動してきた彼にとって、「何をしたいのか?どうしたいのか?」を日々問われるリクルートの環境になじむのは時間がかかった。

「そんなことを問われる機会なんてなかったから、全然答えられなくて。すごく悔しかったですね。仕事終わりに時間を取って、自分がしたいことをノートに書き出してみたりしたんですが、なかなか答えは出ない。気づいたら1年経っていました」

仕事の意味を見いだせないまま悩み続けていた石山に受験サプリ(現:スタディサプリ)への部署異動という転機が訪れる。

本当のライバルは他人ではなく自分自身。
徹底的に真似し、型を身につける

異動先は受験サプリの新規事業部。提案資料の作り方や商品の売り方も分からない40人の営業、部長兼、マネジャーが1人という状況だった。
「当時は、自分が何をしたいのかわからなかったから、『何をしたいのかが明確な、仕事のできる人のマネをしよう』と考えました。ただ真似するんじゃなくて、24時間全力で真似をするつもりで。その人には誰よりも話を聞きに行き、同行もさせてもらいました。わからなかったらすぐに相談していましたね」

人の真似をすることに抵抗はなかったのだろうか? 「昔ならあったかもしれません。でもライバルはあくまで自分自身。誰かと比べるのではなく、今の自分はできることをすべてやりきっているのか?と自問自答しました」

"徹底的に真似すること"を続けた結果、石山は自分の感情に変化を感じるようになる。今まで何をしたいのかわからなかったのが、「何をすればいいのかわからない状況が面白い」と思うようになったのだ。

「商品を説明するときに、相手の先生がどう思うだろうと仮説を立てて、実際のお打合せで反応を伺う。反対されたらまた仮説を立てて資料を修正、再度反応を伺って...というサイクルをどんどん繰り返していったんです。その結果、どの先生にも反対されることなく導入できるようになったんですが、その結果が出たことよりも、プロセスそのものに楽しさを感じるようになったんです」

彼に"こうしたい"が生まれ始めた。自分が何をしたいのかわからないと悩んでいた石山が、ひたすらに誰かの真似をすることで、仕事の意味を見出した瞬間だった。
それからは「先生方の意識向上や動機付け」や「営業の型化プロジェクト」など枠に捉われない仕事も手掛けるようになる。

「教育を変えたい」そんな想いを
叶えられる場所に僕たちはいる

ひとつの答えを見つけた後にどんどん"やりたいこと"を実現している石山は今、何を見据えているのか?

「事業をでっかくするために、より高い視点でコミットしていきたいですね。その中で、教育業界の不を解消することにもチャレンジしていきたいです」
そう語る彼の目に迷いは無かった。

多くの現場を知ることができ、大きな規模で教育と関わり、それを自分の意志で変えることもできる。これこそがリクルート営業の醍醐味だ。
「たくさんの先生にお会いし、『今、ここの現場』を誰よりも知れてると思っています。そこで見えてきた、今の日本教育の問題-偏差値というひとつの軸の評価基準しかないこと-を変えたいな、と。例えばひとつの方法論として、新しい基準を作るだけじゃなく、新しい高校を作ってその基準を装着し、他の高校にナレッジを広めていく...そんな構想も練っています(笑)。リクルートだからこそできることがたくさんあると思うんです」

営業でクライアントに貢献する

  • 営業

    クライアントの“価値の種”を見つけ、
    咲かせるのが営業だと学んだ

    まなび領域教育機関広報統括部

    和田 覚

  • 営業

    せっかくリクルートにいるのだから
    成長しないともったいない。

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    林 勇人

  • 営業

    ニガテな人でも、憧れの人でも、
    会うことで掴める未来がある

    まなび領域教育機関広報統括部

    田鹿 博子

  • 営業

    常に自己ベストを更新しつづける、
    それが成長の源

    営業統括本部まなび領域高校支援統括部

    石山 陽介

  • 営業

    自分の成長がマーケットやクライアント、そして子どもの成長に繋がっていく!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    星野 香緒里

  • 営業

    「高校生の未来の可能性を広げたい」マーケットメイクへの挑戦

    まなび領域高校支援統括部

    山本 優子

  • 営業

    圧倒的成長を目指し、入社したリクルート。
    この場所で"新たなロールモデル"を確立したい

    まなび領域教育機関広報統括部

    植本 宰由

  • 営業

    マネジメントに関わりたい。
    ここには、女性でも、ママでも、チャレンジの場が用意されている

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    森實 菜那

  • 営業

    もう次はない。
    覚悟を決めた、入社2年目の自己変革

    まなび領域高校支援統括部

    向後 俊介

  • 営業

    地元に愛があるからこそ、
    マーケットとともに地域を活性化させていきたい!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    沖谷 映里

  • 営業

    「俺はこれで飯を食っている!」と
    胸張って言える自分になる為に

    まなび領域高校支援統括部

    阿慈谷 剣士

  • 営業

    日々の地道な積み重ねが
    自分の成長と“クライアント毎のありたい姿”へ導く

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    加藤 奈津子

  • 営業

    楽しみながら学び、
    可能性を広げられる世の中に。

    まなび事業本部 高校支援統括部

    塚本 美咲季

  • 営業

    成長機会をくれるクライアントと
    一緒にマーケットを盛り上げたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    高木 秀

  • 営業

    エリアの独自性と向き合う中で、
    理想の未来を創造する力を手にしたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    笠間 翔弥

  • 営業

    緻密な計画と実行力で
    お客様への提供価値を最大化する。

    まなび事業本部 教育機関広報統括部

    長谷川 武司

営業経験を新しい職種で活かす

  • 営業 → 営業推進

    機会を掴むために声をかけてもらえる働きをしているか、自問し続ける

    マリッジ&ファミリー領域メディアプロデュース第1統括部

    松吉 香予

  • 営業 → 事業開発

    営業で培った肌感覚で貧困がもたらす
    教育環境格差を解消したい。

    まなび事業本部 オンラインラーニング事業推進室 事業開発部

    小野村 学

  • 営業 → 事業推進

    経営層に
    現場の生声を届けたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 事業推進部

    小林 夏海

  • 営業 → 広報

    営業時代に鍛えたプロデュース的視点で
    好循環を生みたい。

    企画統括室 経営企画部

    桑原 史帆

  • 営業 → 営業マネージャー

    偶発的な出会いを生み出す
    ゼクシィでありたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    山田 マナミ

  • 営業 → 経営企画

    経営に正解はない。営業時代の出会いが
    経営計画策定の指針に。

    企画統括室 経営企画部

    高塚 剛輝