Facebook

営業

「高校生の未来の可能性を広げたい」
マーケットメイクへの挑戦

まなび領域高校支援統括部
山本 優子

  • 入社後から現在まで
    2015年中途入社。スタディサプリの営業として、首都圏エリアを担当。
    2018年チームリーダー任用。現在に至る。

"チームリーダーになりたいから"ではなく、
私のビジョンにはその役割が必要だった

山本がRMPに転職したのは2015年。きっかけは前職のアパレル関係の企業で若い店舗スタッフと接していた経験からだという。

「スタッフと会話をする中で将来に不安を抱えている子が多いことを知りました。もっと勉強しておけば良かったって」

もともと教育学部出身で教育業界に関わりたいという想いがあった山本はこのことをきっかけにスタディサプリへの転職を決める。
「高校生がターゲットということも大きかったですね。妹も実際に使っていたサービスでした」

念願の教育業界に進んだ彼女は入社して1年目に営業半期MVP、2年目には営業通期準MVPとまなび領域内で結果を残していた。
「初めは全然うまくいかなくて、愚痴を言ってしまうことも(笑)。でもとにかくお客様に会って、目の前のお客様を幸せにすることだけ考えていました」

しかし、ある時から新たなチャレンジをしてみたいと思うようになったという。
「初めは数校を担当させていただいていたので、個々の学校に向き合い課題解決のお手伝いをしていました。それから、だんだんと担当校が増えていくに従って、視野が広がっていったんです。そうすると、目の前のことだけではなく、エリア全体での課題が見えてくるようになったんです」

神奈川県というマーケットを動かしたいというビジョンが見えた山本は点では無く面での営業が必要と考え、チームリーダーを目指すようになっていく。

「初めからチームリーダーを目指していたのではなくて、やりたいことにチームリーダーという役割が必要だったんです」

仕事の面白さを見つけ、それによって視野を広げ、また新たな面白さを見出していく山本。そんな彼女が志した担当エリア全体を変えたいというビジョンが翌年、大きなインパクトを与える成果として表れる。

「エリアを動かしたい!」
マーケットメイクの楽しさ

チームリーダーとしてチームを任されるようになった山本は、ある学校との出会いがきっかけで神奈川県全体を動かすプロジェクトに着手する。自身が描いていた面での営業だ。神奈川の全私立校が参加する私学協会へのアプローチである。

「私学協会とリクルートで合同セミナーを行いました。まず神奈川県全体の課題感を共有したかったんです。一緒に推進していただくためには当事者意識をもってもらうことが必要だと思ったのです」

神奈川県の持つ課題をひたすら集め、分析し、私学協会へ提案を行った結果、4校の新規受注に成功する。さらにそのシャワー効果で周りの高校も温度感が高まってきているという。
まさに彼女の描いていた"エリアを動かしたい"という想いがカタチになったのである。

「この仕事を通じてマーケットメイクの楽しさを学びました。でもそこに至るには自分のスキルも経験も全く足りなかったことにも気づいたんです」

これだけの仕事をしたのに足りないとはどういうことだろう?
「私が営業として、自分に足りないものが何かわからなかったんです。ただ、今回の案件や上司からのアドバイスを通じて私には物事を構造的に捉える力が足りないことに気づきました」

そこからは社内の研修制度や読書などを通じて必死で勉強をしているという。「やりたいビジョンがあってそれに足りないものが明確になれば頑張れます」と語る彼女からは全く迷いは感じられない。

「私、高校生の未来の可能性を広げたいんです」
根底にはこの揺るぎない想いがあるからこそ、仕事の面白さが増えていき、それに足りない力が見つかる。そしてまたそれを乗り越える努力をする。これこそがシンプルだが理想的な山本の成長の源泉なのだろう。

営業でクライアントに貢献する

  • 営業

    クライアントの“価値の種”を見つけ、
    咲かせるのが営業だと学んだ

    まなび領域教育機関広報統括部

    和田 覚

  • 営業

    せっかくリクルートにいるのだから
    成長しないともったいない。

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    林 勇人

  • 営業

    ニガテな人でも、憧れの人でも、
    会うことで掴める未来がある

    まなび領域教育機関広報統括部

    田鹿 博子

  • 営業

    常に自己ベストを更新しつづける、
    それが成長の源

    営業統括本部まなび領域高校支援統括部

    石山 陽介

  • 営業

    自分の成長がマーケットやクライアント、そして子どもの成長に繋がっていく!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    星野 香緒里

  • 営業

    「高校生の未来の可能性を広げたい」マーケットメイクへの挑戦

    まなび領域高校支援統括部

    山本 優子

  • 営業

    圧倒的成長を目指し、入社したリクルート。
    この場所で"新たなロールモデル"を確立したい

    まなび領域教育機関広報統括部

    植本 宰由

  • 営業

    マネジメントに関わりたい。
    ここには、女性でも、ママでも、チャレンジの場が用意されている

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    森實 菜那

  • 営業

    もう次はない。
    覚悟を決めた、入社2年目の自己変革

    まなび領域高校支援統括部

    向後 俊介

  • 営業

    地元に愛があるからこそ、
    マーケットとともに地域を活性化させていきたい!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    沖谷 映里

  • 営業

    「俺はこれで飯を食っている!」と
    胸張って言える自分になる為に

    まなび領域高校支援統括部

    阿慈谷 剣士

  • 営業

    日々の地道な積み重ねが
    自分の成長と“クライアント毎のありたい姿”へ導く

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    加藤 奈津子

  • 営業

    楽しみながら学び、
    可能性を広げられる世の中に。

    まなび事業本部 高校支援統括部

    塚本 美咲季

  • 営業

    成長機会をくれるクライアントと
    一緒にマーケットを盛り上げたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    高木 秀

  • 営業

    エリアの独自性と向き合う中で、
    理想の未来を創造する力を手にしたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    笠間 翔弥

  • 営業

    緻密な計画と実行力で
    お客様への提供価値を最大化する。

    まなび事業本部 教育機関広報統括部

    長谷川 武司

営業経験を新しい職種で活かす

  • 営業 → 営業推進

    機会を掴むために声をかけてもらえる働きをしているか、自問し続ける

    マリッジ&ファミリー領域メディアプロデュース第1統括部

    松吉 香予

  • 営業 → 事業開発

    営業で培った肌感覚で貧困がもたらす
    教育環境格差を解消したい。

    まなび事業本部 オンラインラーニング事業推進室 事業開発部

    小野村 学

  • 営業 → 事業推進

    経営層に
    現場の生声を届けたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 事業推進部

    小林 夏海

  • 営業 → 広報

    営業時代に鍛えたプロデュース的視点で
    好循環を生みたい。

    企画統括室 経営企画部

    桑原 史帆

  • 営業 → 営業マネージャー

    偶発的な出会いを生み出す
    ゼクシィでありたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    山田 マナミ

  • 営業 → 経営企画

    経営に正解はない。営業時代の出会いが
    経営計画策定の指針に。

    企画統括室 経営企画部

    高塚 剛輝