Facebook

営業

「俺はこれで飯を食っている!」と
胸張って言える自分になる為に

まなび領域高校支援統括部
阿慈谷 剣士

  • 入社後から現在まで
    2015年中途入社、受験サプリ事業部(現:まなび領域)に配属。
    中国・四国拠点の立ち上げから広島・岡山・山口エリアを担当。
    2018年よりチームリーダー任用。現在に至る。

"負けたままで終われない"の一心
リクルートへ再チャレンジ

リクルートライフスタイル(以下、RLS)へCV職(CareerView職。期間限定の契約社員)で入社し、3年半を過ごす。その後、「やり残したことがある」と再びリクルートグループ内への転職を決めた阿慈谷。
「営業力をつけたいと考え、RLSへ入社しました。エリアの立ち上げを担当し、がむしゃらに頑張ってきたつもりでしたが、自分に営業力が付いたのか、正直わからないままでいました」

そして、彼は「リクルートにもう一度入社する」ことを決意する。
その理由は「ひとつは、営業力を強化し、自分のものにしたかったから。もうひとつは、単純に悔しかったからです。同期で入社した同僚はとにかく出来る人間で、彼と接するたびに営業力の差を痛感していました。勝手に彼にライバル意識を抱いており"負けたままで終われない"という気持ちがチャレンジする源泉だったと思います」

そう語る阿慈谷だが、実は他にも大切なものがあった。
「3人の子供に対して、胸張って『仕事楽しいぜ!』って伝えたいんです。その背中を見せたかったんですが、当時の僕にはまだ言えなかった」

ニーズが無いクライアントに通用しない自分。
やり方を変えるしかなかった

RMPへ入社した阿慈谷は、8人のグループで受験サプリ(現:スタディサプリ)中国・四国拠点の立ち上げを行った。そこでいきなり壁にぶつかることとなる。

「業界の特徴もあるのですが、今までと同じやり方では通用しないと痛感しました。それまでは、ニーズのあるところに商品を売っていたのが、今度はニーズを生みだすところから始めないといけない。クライアントの課題の掘り起こしをして新たなニーズを創出しつつ、多数のステークホルダーの合意を得る。それは、まだ自分に身に着いていないスキルでした」

入社後2年間、結果も出せない日々が続いたという。この壁を超えるべく、取り組んだのは"クライアントを知ること"だった。
「商品や打ち手の検討は二の次。とにかくクライアントと会って、質問して、課題の掘り起こしを徹底的に行いました」

具体的にはどのような話をしたのか?
「どんな生徒を育てたいのか?教育ってなんのためにあるのか、などを学校と徹底議論しました。そうすると学校が持つ課題よりも"生徒にどのようにあってほしいか"が大切だと気付くことが出来たんです」

その時身につけた彼の指針は、ある高校との案件によって結果となって表れる。
生徒に自己肯定感を与え、成長を促す取り組みは、2年連続で社内のナレッジ共有会で発表され、貴重なナレッジとなったのだ。

今度はメンバーが自信をもって
『これで飯を食えている』と言えるように

営業としての自分の型を身につけた阿慈谷に成功の秘訣を聞いた。

「全ての事柄を『WHY(=何のためにやるのか)』に何度も何度も立ち返ったことにあると思います。何のためのスタディサプリなのか、何のための仕組み作りなのか。全ては"生徒にどのようにあってほしいか?"に尽きるんです」

徐々に営業として胸を張れるスキルや結果を得てきた阿慈谷の次のミッションは、チームリーダーとして組織を創ること。

「メンバー一人ひとりが『これで自分は飯を食えている』という営業としての強みを明確に持って、グループの目標達成に貢献出来ている状態にしたい。特にRMPでは対法人の営業が多い分、なかなか一人でやり切るのは難しいですから」

すでに組織のビジョンまで描いている彼の立ち姿は、かっこいい頼れるお父さんの背中だった。

営業でクライアントに貢献する

  • 営業

    クライアントの“価値の種”を見つけ、
    咲かせるのが営業だと学んだ

    まなび領域教育機関広報統括部

    和田 覚

  • 営業

    せっかくリクルートにいるのだから
    成長しないともったいない。

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    林 勇人

  • 営業

    ニガテな人でも、憧れの人でも、
    会うことで掴める未来がある

    まなび領域教育機関広報統括部

    田鹿 博子

  • 営業

    常に自己ベストを更新しつづける、
    それが成長の源

    営業統括本部まなび領域高校支援統括部

    石山 陽介

  • 営業

    自分の成長がマーケットやクライアント、そして子どもの成長に繋がっていく!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    星野 香緒里

  • 営業

    「高校生の未来の可能性を広げたい」マーケットメイクへの挑戦

    まなび領域高校支援統括部

    山本 優子

  • 営業

    圧倒的成長を目指し、入社したリクルート。
    この場所で"新たなロールモデル"を確立したい

    まなび領域教育機関広報統括部

    植本 宰由

  • 営業

    マネジメントに関わりたい。
    ここには、女性でも、ママでも、チャレンジの場が用意されている

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    森實 菜那

  • 営業

    もう次はない。
    覚悟を決めた、入社2年目の自己変革

    まなび領域高校支援統括部

    向後 俊介

  • 営業

    地元に愛があるからこそ、
    マーケットとともに地域を活性化させていきたい!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    沖谷 映里

  • 営業

    「俺はこれで飯を食っている!」と
    胸張って言える自分になる為に

    まなび領域高校支援統括部

    阿慈谷 剣士

  • 営業

    日々の地道な積み重ねが
    自分の成長と“クライアント毎のありたい姿”へ導く

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    加藤 奈津子

  • 営業

    楽しみながら学び、
    可能性を広げられる世の中に。

    まなび事業本部 高校支援統括部

    塚本 美咲季

  • 営業

    成長機会をくれるクライアントと
    一緒にマーケットを盛り上げたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    高木 秀

  • 営業

    エリアの独自性と向き合う中で、
    理想の未来を創造する力を手にしたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    笠間 翔弥

  • 営業

    緻密な計画と実行力で
    お客様への提供価値を最大化する。

    まなび事業本部 教育機関広報統括部

    長谷川 武司

営業経験を新しい職種で活かす

  • 営業 → 営業推進

    機会を掴むために声をかけてもらえる働きをしているか、自問し続ける

    マリッジ&ファミリー領域メディアプロデュース第1統括部

    松吉 香予

  • 営業 → 事業開発

    営業で培った肌感覚で貧困がもたらす
    教育環境格差を解消したい。

    まなび事業本部 オンラインラーニング事業推進室 事業開発部

    小野村 学

  • 営業 → 事業推進

    経営層に
    現場の生声を届けたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 事業推進部

    小林 夏海

  • 営業 → 広報

    営業時代に鍛えたプロデュース的視点で
    好循環を生みたい。

    企画統括室 経営企画部

    桑原 史帆

  • 営業 → 営業マネージャー

    偶発的な出会いを生み出す
    ゼクシィでありたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    山田 マナミ

  • 営業 → 経営企画

    経営に正解はない。営業時代の出会いが
    経営計画策定の指針に。

    企画統括室 経営企画部

    高塚 剛輝