Facebook

営業

エリアの独自性と
向き合う中で、
理想の未来を創造する力を
手にしたい。

マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部
笠間 翔弥

  • 入社後から現在まで
    2015年 マリッジ&ファミリー事業部に配属。福岡および北九州エリアを担当。現在に至る。
  • 入社動機
    大学院で、貧困に苦しむ方々の暮らしを改善する仕組みづくりを研究していたこともあり、リクルートマーケティングパートナーズ(以下RMP)の「しあわせの総量を増やす」というビジョンに共感。ビジネスを通じて、誰もが平等にチャンスを手にできる未来づくりに貢献したいと考えました。
  • 人から何て言われるか
    「ちょっと変わっている」と言われます。良く言えば探究心が強い、悪く言えば細かい。仕事に直接関係ないレベルの緻密さまで追求してしまう傾向があります(笑)。仲間からはよく「そこまでやる?!」と突っ込まれます。
  • 座右の銘
    「起きたことは、起きているのだから仕方無い。」嫌なことがあっても冷静に受け止め、事象として分析し、どう解決するかに意識を集中させます。そのため、常に前向きでいることができます。
  • 一番の成功
    広告の反響を可視化できるツールを作成し、クライアントの課題や目指すものを明文化、集客施策を磨き込める状態にしました。クライアントとの信頼関係が強まり、経営に関するご相談もいただけるようになり、社内で表彰もいただき、汎用ツールとして社内のメンバーにも利用されることになりました。
  • 一番の失敗
    納得しないと動けないタイプなので、準備や調査に時間をかけ過ぎてしまっていました。そのため、視野が狭まっていたと反省しています。今は働き方変革を意識するようになり、余裕が生まれました。結果、視野も広がり、仕事のクオリティアップにもつながっていると感じています。

ブライダルのマーケットを、
盛りあげたい

福岡市内と北九州の結婚式場に、ゼクシィを使った集客施策を提案するのが主な仕事ですが、それだけにとどまらないパフォーマンスを出したいと心がけています。根底に置いているのは、披露宴を挙げるカップルが減っている状況を改善し、ブライダルマーケットを盛り上げるという意識。担当している福岡は、近隣から若い人たちが移り住んで来ているため、ブライダルマーケットを活性化する取り組みを、実践しやすい環境が整っています。披露宴をやるつもりがない、本当はやりたいけれど、授かり婚や再婚という事情で踏み留まっている、そうしたカップルの意識を切り替え、背中を押すような成功実績をつくり、全国に伝えることでブライダルマーケット全体を盛り上げていけたらと考えています。同時に福岡はトレンドに敏感なエリアでもあるので、首都圏で支持されているスタイルの提案にも挑戦しています。一方、北九州は昔ながらの価値観を大切にしているエリアなので、地元の方々が結婚式に求めている事に考えを寄せながら、この地にふさわしい結婚式のあり方を模索しています。クライアントの業績拡大に貢献しながら、一緒に日本の結婚式文化の可能性を広げていけたらと思っています。

クライアントの
ビジネスパートナーに

「ここまでしてくれた営業さんは、初めてです。」クライアントから嬉しい言葉をいただきました。ビジネスパートナーとして認められたい一心で、1のオーダーに10の打ち手で応える姿勢を心がけてきました。集客の相談に対し、運営している数式場の差別化ポイントを明確にした戦略・施策を提案しました。具体的には、カジュアルなパーティに特化した式場を運営するクライアントに対して、集客だけでは業績向上につながらないと考え、パーティーのクオリティは下げずに原価を抑える方法を検討し、利益の最大化を図る施策を提案しました。さらに、こうした関わりをクライアントの式場運営事業だけではなく、もう一つの柱である式場再生事業にも広げていきました。式場再生事業とは、老朽化した施設を買い取り、ホテルや式場にリニューアルする事業です。業績向上に向けて組織間の垣根を超えた、協働の橋渡し役として奔走し、クライアント企業の関係する組織全てがメリットを得られ、企業の可能性を伸ばせるような状況を整えました。全国に事業所があるこの会社において北九州は若手の登竜門であり、経験を積む場と位置付けられているそうです。画期的な施策を次々と成功させれば事業所の社内的な評価があがるだけでなく、新しい試みに挑戦したい方が指名する事業所になるはずです。今後も、この事業所の可能性をさらに伸ばせていけたらと考えています。大きな理想を描きながら、自分にできることを追求しています。

エリアで手に入れる
普遍的な力

世界には、水をくみにいくのに8時間ちかくの時間を費やしている方々もいます。1日1ドル以下の生活を余儀なくされている方々もいます。そうした環境下では、得られる情報にも限りがあり、選択肢が無いまま、人々の将来の可能性が閉じられている現実があります。私が仕事を通じて目指したいのは、この状況を改善する仕組みを世の中に提供することです。一見、今の仕事と乖離があるように見えますが、目の前の仕事が将来につながる手応えがあります。日々向き合っているマーケットは、エリアならではの特性が色濃くあります。そこで事業を営むクライアントやカスタマーにも独自性があり、最適なソリューションを提供するためには、このエリアに寄り添い、マーケットのインサイトを掴む力が欠かせません。こうしたスキルはブライダルマーケットに限定されず、どのような領域でも、いかなる時代でも通用する普遍のスキルといえます。貧しさに苦しむ方々が求めているものを汲み取り、本質的に改善していく上で有効なスキルだと感じます。エリアだからこそ得られるものがあるという確信のもと、九州と一緒に成長する気持ちで、目指す世界の実現に臨みたいと考えています。

営業でクライアントに貢献する

  • 営業

    “全ては学生のために”情報と分析を武器に、クライアントと対等に向き合う

    まなび領域教育機関広報統括部

    丸山 智也

  • 営業

    クライアントの“価値の種”を見つけ、
    咲かせるのが営業だと学んだ

    まなび領域教育機関広報統括部

    和田 覚

  • 営業

    せっかくリクルートにいるのだから
    成長しないともったいない。

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    林 勇人

  • 営業

    ニガテな人でも、憧れの人でも、
    会うことで掴める未来がある

    まなび領域教育機関広報統括部

    田鹿 博子

  • 営業

    常に自己ベストを更新しつづける、
    それが成長の源

    営業統括本部まなび領域高校支援統括部

    石山 陽介

  • 営業

    自分の成長がマーケットやクライアント、そして子どもの成長に繋がっていく!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    星野 香緒里

  • 営業

    「高校生の未来の可能性を広げたい」マーケットメイクへの挑戦

    まなび領域高校支援統括部

    山本 優子

  • 営業

    圧倒的成長を目指し、入社したリクルート。
    この場所で"新たなロールモデル"を確立したい

    まなび領域教育機関広報統括部

    植本 宰由

  • 営業

    マネジメントに関わりたい。
    ここには、女性でも、ママでも、チャレンジの場が用意されている

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    森實 菜那

  • 営業

    もう次はない。
    覚悟を決めた、入社2年目の自己変革

    まなび領域高校支援統括部

    向後 俊介

  • 営業

    地元に愛があるからこそ、
    マーケットとともに地域を活性化させていきたい!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    沖谷 映里

  • 営業

    「俺はこれで飯を食っている!」と
    胸張って言える自分になる為に

    まなび領域高校支援統括部

    阿慈谷 剣士

  • 営業

    日々の地道な積み重ねが
    自分の成長と“クライアント毎のありたい姿”へ導く

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    加藤 奈津子

  • 営業

    楽しみながら学び、
    可能性を広げられる世の中に。

    まなび事業本部 高校支援統括部

    塚本 美咲季

  • 営業

    成長機会をくれるクライアントと
    一緒にマーケットを盛り上げたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    高木 秀

  • 営業

    エリアの独自性と向き合う中で、
    理想の未来を創造する力を手にしたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    笠間 翔弥

  • 営業

    緻密な計画と実行力で
    お客様への提供価値を最大化する。

    まなび事業本部 教育機関広報統括部

    長谷川 武司

営業経験を新しい職種で活かす

  • 営業 → 営業推進

    機会を掴むために声をかけてもらえる働きをしているか、自問し続ける

    マリッジ&ファミリー領域メディアプロデュース第1統括部

    松吉 香予

  • 営業 → 事業開発

    営業で培った肌感覚で貧困がもたらす
    教育環境格差を解消したい。

    まなび事業本部 オンラインラーニング事業推進室 事業開発部

    小野村 学

  • 営業 → 事業推進

    経営層に
    現場の生声を届けたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 事業推進部

    小林 夏海

  • 営業 → 広報

    営業時代に鍛えたプロデュース的視点で
    好循環を生みたい。

    企画統括室 経営企画部

    桑原 史帆

  • 営業 → 営業マネージャー

    偶発的な出会いを生み出す
    ゼクシィでありたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    山田 マナミ

  • 営業 → 経営企画

    経営に正解はない。営業時代の出会いが
    経営計画策定の指針に。

    企画統括室 経営企画部

    高塚 剛輝