Facebook

営業

成長機会をくれる
クライアントと一緒に
マーケットを盛り上げたい。

マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部
髙木 秀

  • 入社後から現在まで
    2016年 新卒入社
    2016年 マリッジ&ファミリー事業本部、宮城・山形グループに配属。現在に至る。
  • 入社動機
    自由な環境ほど力を発揮できるタイプだと自覚しているので、若いうちから任せてもらえるこの会社なら成長できると考えました。
  • 人から何て言われるか
    自分で言うのもなんですが、“愛されキャラ”と。敬語もうまく使えない不器用なヤツで、頑張りたいという気持ちが空回りする感じが、応援したくなると言ってもらうことが多いです(笑)
  • 座右の銘
    失敗ばかりしている私に対して、リーダーが「お前はこんなもんじゃない。自分の可能性を信じなさい。」という言葉をかけてくれました。期待に応えたくて“自分はきっと想像以上”を座右の銘として頑張っています。
  • 一番の成功
    ゼクシィにはあまり期待していないという、あるクライアントに足しげく訪問していました。現場の方たちが抱えている課題の解決や、集客数を増やす企画を練って社長にご提案したところ、私を応援する現場の声が耳に届いていたそうで、即決。大きな投資をいただく関係性を築くことができました。
  • 一番の失敗
    準備不足の状態でお電話し、クライアントを怒らせてしまったことがあります。担当も外れることになってしまった、苦い経験です。お時間をいただいているという意識を持つこと。そして、自分を大きく見せようとせず、真摯にお客さまと向き合うスタンスを大切にするようになりました。

クライアントの、
一員になったつもりで考える

敬語も上手に話せない。頑張りたくても、いつも空回り。入社から今日まで失敗ばかりです。ある社長から出入り禁止を言い渡された時は、営業が怖くなってしまいました。でも、このままではダメだと奮起し、自分に言い聞かせました。無関心よりも嫌われるくらいのほうがいい、相手の想像を超えて頑張れば、ちゃんと信頼関係につながるはずだ、と。今が正念場だという自覚の元、あるクライアントのもとに足しげく通いました。特別な用も無いのに月に10回は顔を出すので、最初は驚かれましたが、次第に現場の方から相談が寄せられるようになりました。私もクライアントの組織の一員になったつもりで解決策を考え、社長にご提案することにしました。大切にしたのは、現場の方の挑戦を後押しし、成果・評価につながる施策とすること。成約目標のあるプランナーさん、ネット集客が目標のIT担当者さん、みなさんの挑戦を後押ししたい一心で施策を提案しました。社長にお会いするのは、ご提案のアポイント時が初めてでした。社長が一体どんな反応をするのか不安がよぎりましたが、そんな私に社長は、「いいよ」と一言。その言葉を聞いた瞬間は、一蹴されたのだと思いました。ところが、その言葉は合意の一言でした。現場の方々との関わりが社長の耳に届いていたそうで、「君の企画なら内容を聞くまでもない。試してみよう。」と即決して下さいました。こうして、私を最も成長させてくださる社長との関わりがスタートしました。

ゼクシィというブランドじゃない、
君を信じている

私が担当させていただいてから、クライアントの現場の方々の挑戦が実を成し、クライアントの業績は昨対比約2倍に成長することとなりました。私は、広告の表現を見直し、新郎新婦とゲストが親密な距離感で楽しむことができる式場の特徴を訴求したり、プランナーさんのセールストークの精度を高めるためにターゲット像を明確にしたり、といった提案をさせていただきました。効果的だった取組として、試食会の開催があります。現場に大きな負担がある割に、集客につながらないという理由で避けられていた施策でした。しかし私は、投資に見合う効果をお返しできるという確信のもと、データを準備し、3ヶ月かけて社長を説得しました。そして半信半疑のみなさんに、事例を紹介しながら目指すイメージを共有。私自身が何度も式場内のレストランを利用し、カスタマー目線で気づいたことも盛り込みながらプランニングしていきました。そして、式場の強みである美しいガーデンを眺めながらの試食会を実現することができました。結果は大成功。"ゲストと楽しみたい"という価値観を持つカップルが、式のイメージを明確に描ける機会を提供したことで、集客効率だけでなく、成約率も大幅に向上させることができました。社長からは「ゼクシィというブランドじゃない、君を信じている。」という言葉をいただくことができました。

山形に新たな展開を

今では社長とは、この会社をどうしたいという想いを交わせる関係にまで至っています。山形で知らない人のいない式場にする、どこよりも楽しい時間が過ごせる式場という認知を広める。それが、一緒に叶えたい目標です。そこに向けてゼクシィへの投資を増やしていただいていますが、それだけに留めるつもりはありません。認知を高める施策として、より多くの方に足を運んでいただく機会を創ろうと、大人数ウエディングを増やす取り組みや、運営休止状態だったレストランウエディングのリブランディングを提案し、装いも新たに再始動の流れをつくるなど、経営戦略に踏み込んだ提案を重ねています。クライアントの夢だけではなく、私自身の夢にもなっています。失敗に終わったら自分で責任を取る、という強い覚悟のもとに考え、行動しています。そんな気持ちが伝わるのか、口数の多くない社長が時々、笑顔で「がんばるね」と労ってくださいます。私にとって社長は、絶対の信頼でチャンスをくれる人、成長させてくれる人。その期待に応えたい。そして、山形というマーケットに、新しい文化やトレンドをつくりたい。首都圏と違って未開拓のマーケットがまだ多いからこそ、信頼いただいているクライアントと一緒に新たな価値を創造することができると思っています。

営業でクライアントに貢献する

  • 営業

    クライアントの“価値の種”を見つけ、
    咲かせるのが営業だと学んだ

    まなび領域教育機関広報統括部

    和田 覚

  • 営業

    せっかくリクルートにいるのだから
    成長しないともったいない。

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    林 勇人

  • 営業

    ニガテな人でも、憧れの人でも、
    会うことで掴める未来がある

    まなび領域教育機関広報統括部

    田鹿 博子

  • 営業

    常に自己ベストを更新しつづける、
    それが成長の源

    営業統括本部まなび領域高校支援統括部

    石山 陽介

  • 営業

    自分の成長がマーケットやクライアント、そして子どもの成長に繋がっていく!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    星野 香緒里

  • 営業

    「高校生の未来の可能性を広げたい」マーケットメイクへの挑戦

    まなび領域高校支援統括部

    山本 優子

  • 営業

    圧倒的成長を目指し、入社したリクルート。
    この場所で"新たなロールモデル"を確立したい

    まなび領域教育機関広報統括部

    植本 宰由

  • 営業

    マネジメントに関わりたい。
    ここには、女性でも、ママでも、チャレンジの場が用意されている

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    森實 菜那

  • 営業

    もう次はない。
    覚悟を決めた、入社2年目の自己変革

    まなび領域高校支援統括部

    向後 俊介

  • 営業

    地元に愛があるからこそ、
    マーケットとともに地域を活性化させていきたい!

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    沖谷 映里

  • 営業

    「俺はこれで飯を食っている!」と
    胸張って言える自分になる為に

    まなび領域高校支援統括部

    阿慈谷 剣士

  • 営業

    日々の地道な積み重ねが
    自分の成長と“クライアント毎のありたい姿”へ導く

    マリッジ&ファミリー領域営業統括部

    加藤 奈津子

  • 営業

    楽しみながら学び、
    可能性を広げられる世の中に。

    まなび事業本部 高校支援統括部

    塚本 美咲季

  • 営業

    成長機会をくれるクライアントと
    一緒にマーケットを盛り上げたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    高木 秀

  • 営業

    エリアの独自性と向き合う中で、
    理想の未来を創造する力を手にしたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    笠間 翔弥

  • 営業

    緻密な計画と実行力で
    お客様への提供価値を最大化する。

    まなび事業本部 教育機関広報統括部

    長谷川 武司

営業経験を新しい職種で活かす

  • 営業 → 営業推進

    機会を掴むために声をかけてもらえる働きをしているか、自問し続ける

    マリッジ&ファミリー領域メディアプロデュース第1統括部

    松吉 香予

  • 営業 → 事業開発

    営業で培った肌感覚で貧困がもたらす
    教育環境格差を解消したい。

    まなび事業本部 オンラインラーニング事業推進室 事業開発部

    小野村 学

  • 営業 → 事業推進

    経営層に
    現場の生声を届けたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 事業推進部

    小林 夏海

  • 営業 → 広報

    営業時代に鍛えたプロデュース的視点で
    好循環を生みたい。

    企画統括室 経営企画部

    桑原 史帆

  • 営業 → 営業マネージャー

    偶発的な出会いを生み出す
    ゼクシィでありたい。

    マリッジ&ファミリー事業本部 営業統括部

    山田 マナミ

  • 営業 → 経営企画

    経営に正解はない。営業時代の出会いが
    経営計画策定の指針に。

    企画統括室 経営企画部

    高塚 剛輝