Facebook

場所を問わず働ける
エンジニアになりたい

Quipper Ltd.
サーバーサイドエンジニア
K.H

大学時代、ものづくりにダイレクトに関わるエンジニアに興味を持ち、独学でプログラミングを学ぶ。
ITの受託会社を経て、自社サービスを展開する会社へと転職。ホスティングサービスやクラウドのレンタルサーバ開発に携わる。
2013年Quipperへ入社。教育関係会社との大規模プロジェクト、アメリカに長期出張しての開発を経験し、
2015年春から、買収先となるリクルートとの合同プロジェクトに従事。

渋谷で開催されたセミナーへの参加がきっかけ

Quipperに入社されるまでの経緯は?
大学時代、独学でプログラムを勉強して、最初は受託の会社に入りました。3年ほどして自分でサービスをつくりたい気持ちが強くなり、自社サービスを展開している会社に移りました。受託と自社サービスの大きな違いは、自分のアイデアが受け入れられやすいこと。つくって納めて終わりじゃなくて、メンテナンスを含め運用まで責任をもってやっていくことが面白いと思いました。
Quipperとの出会いは?
「場所を問わず働けるエンジニアになるには?」というようなセミナーが渋谷であったんですね。現在もQuipperのCTOをしている中野と渡辺が話しをする事になっていたのですが、ブログなどで知ってたので行ってみたら、CEOの渡辺が中野の話を遮ってエネルギッシュにQuipperのことをしゃべり倒してて、アンケートに「興味がある」と書いたら連絡がきたのがきっかけですね。ちなみにそのセミナーでは結局、場所を問わず働けるエンジニアの話は聞けなかったです(笑)
はじまったばかりの頃ですよね?
まだ日本支社も立ちあがってなかったので、連絡きたけど「ホントかな?」と。実際そのときは忙しくて移れなかったんですね。前職のプロジェクトの収まりがちょうどよかった時期にあらためて話があって、渡辺とSkypeで面談したら「今すぐ、この場で決めてください!」と(笑)、先行きはまったく読めなかったですが、とにかく勢いが本物だと感じたので、新しいことにチャレンジするならこのタイミングしかないと思って即断即決しました。

提携先との実験プロジェクトからスタート

入社後はどんな仕事を?
今はなくなってしまったプロジェクトなので詳細は伏せますが、某教育関係会社の大型実験プロジェクトにQuipperが加わっていて、その仕組み部分を開発していました。とても面白いプロジェクトだったのですが、スタートアップの企業なのでピボットはつきものですよね。その後、提携していたアメリカ企業とのプロジェクトにジョインして、フィリピンと日本のエンジニア4人で、はじめはフィリピンに4ヶ月出張してその後ニューヨークの先方のオフィスに常駐して3カ月ほど開発をしました。
海外での開発で苦労はなかったですか?
初はやっぱり英語が大変でしたが、この期間でとても英語力があがりましたね。フィリピンのエンジニアはものすごく明るいんです。仕事がやりやすいし、楽しかったです。しかし残念なことに、これもまたピボットしてしまって(苦笑)

1カ月単位で変わっていくスピード感

リクルートに買収されるという話は?
CEOの渡辺から「時間とれる?」とメールがきて、Skypeで説明を受けました。「そうですか」としか言えないですよね(笑)、みんなポジティブに受け止めたと思います。全然ネガティブな反応はなかったです。
それはなぜですか?
僕がQuipperを好きな理由でもあるんですけど、今も渡辺が月に1~2回オフィスにきて、これからどうしたいかという話をしてくれるんですね。1カ月ごとに新しいトピックスが出てくるんですが(笑)、直接言ってもらえるのはありがたい。戦略的な変化はいろいろありますけど、向かっている大きな方向は共通しているし、そのときどきで何が大変なのかもよくわかる。1カ月単位で変わっていくスピード感なので、どんどん変わっていくことを楽しめる人には向いてます。逆にいうと、変化を好まない人にはつらいかもしれません。

自分がいつも楽しめる環境に身をおきたい

いまはどんな仕事をしていますか?
東京のチーム全体として2016年春に向けて大きなプロジェクトが動いていて、当面はそちらに集中します。僕が担当をしている領域では複雑な部分も多いのですが、これを乗り越えるといろんな意味で自信になるし、楽しみをそこに見出しています。
Quipperのエンジニア文化は?
社内のエンジニアリングに関してはすべてCTOの中野に権限委譲されているので、エンジニアが何かを入れたい、何かを変えたいというときに、その場でパッと話が決まる状態になっています。エンジニアが自分の意見をガンガン言って、みんなで議論してどんどんよくしていく。国によってエンジニアの気質も違うので、発見が多くて日常的に刺激があります。
今後について考えていることは?
まだまだ力が足りないですけど、ゆくゆくはいろんな場所で、いろんな人と仕事ができるエンジニアになりたいです。アジアでも働いてみたいと思ってます。

Recruit Marketing Partners リクルートマーケティングパートナーズ

  • ひとつの技術に固執せず
    視野を広げていきたい

    Androidエンジニア

    K.T

  • 僕らの世界は
    バイネームがすべて

    フロントエンドエンジニア

    N.Y

  • 周りの人の面白いアイデアを
    エンジニアとして実現していく

    Android・iOSエンジニア

    Y.H

  • 大規模サービスをじっくり
    育てて運用してみたい

    インフラ

    J.I

  • ひとりの開発者として世界の人に
    使ってもらえるものを提供したい

    サーバーサイドエンジニア

    N.K

Quipper クイッパー

  • フィリピンの子どもたちに
    もっといい教育を

    フロントエンドエンジニア

    B.C.E

  • 場所を問わず働ける
    エンジニアになりたい

    サーバーサイドエンジニア

    K.H