2017

Apr

18

カテゴリ

【訂正版】Mexico city教育委員会と提携 公立中学校でQuipperを採用 教育環境格差 解消手段として、各国でICTに注目の流れ

カテゴリ
2017-04-18

【訂正版】Mexico city教育委員会と提携 公立中学校でQuipperを採用 教育環境格差 解消手段として、各国でICTに注目の流れ

2017年4月18日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)の海外子会社Quipper Limited社(本社:イギリス ロンドン CEO:渡辺雅之)は、オンライン学習動画サービス『Quipper Video(クイッパービデオ)』の各国自治体導入の進捗をご報告致します。

200の公立中学校でのExámen de Diagnóstico Quipper の導入・活用が決定

■導入の背景・目的
ペニャニエト政権による、教育改革が取り組まれているメキシコ、最大の都市メキシコシティにおいて、Quipperが提供する模試および、映像授業サービスを導入することで経済格差の解消、学力向上に取り組むことが決定されました。
導入が決定した200校の9割以上は低所得者の子どもが通う地域にあります。学力向上、高校進学に向けた学習機会の提供として、Quipperの掲げるビジョンとコンテンツに共感いただき、採用に至りました。
6月~7月にかけておこなわれる全国統一能力試験を前に各校の学力測定、そして学力向上を目指してまいります。

■概要
締結自治体:メキシコシティ教育委員会

導入サービス:
1)Exámen de Diagnóstico Quipper (模試)
2)Quipper VIDEO (オンライン授業動画サービス)

導入対象:公立中学校 200校、20,000人(推定)(中学3年生)
1)180校、 18,000人
2)20校、2,000人
※選定基準 メキシコシティ内で全国統一模試の結果が悪かった下位20校

pic01_q041801.JPG
メキシコの教育制度
3・6・3・3・4制で、義務教育期間は幼稚園から中等教育(高校)修了まで。
就学率は、6歳から12歳→96.2%(小学校)、13歳から15歳→85.9%(中学校)、16歳から19歳(高校)→51.2% (出典:国立統計地理情報院、2010年)

Quipper Mexicoについて

・Quipper School
【概要】
教師向けに「宿題」や授業中の「課題」に必要なコンテンツを提供するプラットフォームで、先生が手作業でやってきた丸付けや進捗管理業務をオンライン化して手助けするものとなっている。
【対象】 中学1年生〜高校2年生
【価格】 無料

・Quipper VIDEO
【概要】
各国の経験豊富な講師の授業動画をいつでもどこからでもオンラインで受講できる動画サービス。圧倒的低価格で提供することによって、より多くの学生に最高の教育を提供。
【対象】 中学3年生
【価格】
 ・6ヶ月間:568.00 MXN (約 3,322 JPY)
 ・12ヶ月間:828.00 MXN (約 4,843 JPY)

・Exámen de Diagnóstico Quipper
【概要】
長年実際の高校受験試験の設問を作成してきたプロフェッショナルが作成した高校受験試験(COMIPEMS)の模試。模試結果とあわせて、学生には個々の苦手項目の分析や受験対策プランを提供。
先生方には各組の苦手科目や項目の分析レポートを提供。
【対象】 中学3年生
【価格】 無料

本件に関するお問い合わせ先

https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/

記事一覧に戻る