2017

Feb

07

カテゴリ

カーセンサーの車カタログにVR技術を活用した"バーチャルショールーム"をオープン!~新車販売中の人気車をメーカー横断で比較検討が可能に~

カテゴリ
2017-02-07

カーセンサーの車カタログにVR技術を活用した"バーチャルショールーム"をオープン!~新車販売中の人気車をメーカー横断で比較検討が可能に~

2017年2月 7日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』は、VRの技術を活用し、車を内装・外装共に360°見られる機能と、各車種・グレードのスペックを比較できる機能を追加したことをお知らせします。

背景

リクルート自動車総研の中古車購入実態調査2015によると、クルマの購入を思い立った段階で調べたことは「価格(55.5)」「車体の大きさ(46.9)」「室内の広さ、乗車可能人数、荷物スペースの広さ(46.3)」「見た目、外装( 37.2 )」と車の外見・内見に関する項目に関心が高いことがわかりました。また「メーカーごとにWebサイトの作りが違うので情報を探しにくい」、「自分でエクセルを使って表を作り車種・グレードごとの違いを比較しないと違いがわからない」「同じ車種でもグレードごとに何が違うのかわかりづらい」というカスタマーの声が多く、メーカーを越えて車種を比較検討したい声が多く聞かれました。

こういったカスタマーのニーズをうけて、簡単に比較検討ができる機能、いつでも気になる車種をバーチャル上で試乗することができる360°view機能を搭載しました。

新機能概要

(1) VR技術を活用した車の360°view機能
車の外装・内装を360°閲覧する事ができる機能です。SPサイトの内装Viewは、スマートフォン装着型のVRゴーグルに対応しており、ショールームで実物に乗ったような疑似体験が可能です。話題のC-HRをはじめ、新車発売中のSUV・ミニバンを中心に約30車種に対応しており、今後、順次車種を追加していく予定です。
PC・SPサイトのカーセンサー車カタログ(http://www.carsensor.net/catalog/)にアクセスし、対応車種のページを閲覧することで利用可能です。



(2)メーカーを超えた車種・グレード比較検討機能

カーセンサーでは、最新モデルから往年の名車まで約2500車種のカタログデータを保有しており、日本最大級の車データベースとして多くのカスタマーに利用されています。
この車カタログに、ユーザーが検討している車種・グレードの性能を詳細に比較できる機能を新たに公開しました。これによりメーカーを横断した各車種・グレードの違いを比較可能にしており、ユーザーの効率的な車検討を可能にしています。

本件に関するお問い合わせ先

https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/

記事一覧に戻る