Facebook

2016

Oct

18

カテゴリ

「結婚トレンド調査2016」発表

カテゴリ
2016-10-18

「結婚トレンド調査2016」発表

2016年10月18日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

■挙式、披露宴・披露パーティ総額は359.7万円で増加
■招待客1人あたりの費用は増加傾向。加えて、新郎新婦の「衣裳」の費用が増加し、「写真」を通じて招待客との交流をもつ演出も増加

招待客人数は71.6人で減少する一方、1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は6.2万円で増加傾向
新郎新婦の「衣裳」の費用が2010年調査から増加。加えて、披露宴・披露パーティに関して実施した演出において、「テーブルごとに写真撮影」が最も増加

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長  山口文洋)が企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、新婚カップルの結婚スタイルについて詳細に把握するために、毎年「結婚トレンド調査」を実施しています。1994年に首都圏で開始した調査は、年々調査地域を拡大し、現在では北海道、青森・秋田・岩手、宮城・山形、福島、茨城・栃木・群馬、首都圏、新潟、長野・山梨、富山・石川・福井、静岡、東海、関西、岡山・広島・山口・鳥取・島根、四国、九州の15地域による全国規模の調査を実施しています。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

<挙式、披露宴・披露パーティに関する費用>

挙式、披露宴・披露パーティ総額は359.7万円で増加。招待客1人あたりにかける費用は増加傾向
■挙式、披露宴・披露パーティ総額は359.7万円で、昨年の調査から7.0万円増加。
■披露宴・披露パーティの招待客人数は71.6人で、昨年の調査から0.9人減少。
■招待客1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は6.2万円で、増加傾向。
■ご祝儀総額は232.3万円で、昨年の調査から5.2万円増加し、増加傾向。
■カップルの自己負担額は143.2万円で、昨年の調査と同程度。

<衣裳総額>

新郎新婦の衣裳総額が増加
新婦の衣裳総額は47.4万円で、2010年調査から4.6万円増加。
■新郎の衣裳総額は16.7万円で、2010年調査から1.7万円増加し、増加傾向。

<披露宴・披露パーティに関して実施した演出>

招待客との交流をもつ演出が増加。「テーブルごとに写真撮影」が特に増加している
披露宴・披露パーティに関して実施した演出において、2010年調査から増加した上位5位は、「テーブルごとに写真撮影」「招待客一人ひとりにメッセージを書く」「生い立ち紹介などを映像演出で行う」「風船など花以外のものも使って会場を飾りつける」「BGMのジャンルを問わず好きな曲で選ぶ」。

<親・親族からの援助>

親・親族からの援助がある人では、挙式、披露宴・披露パーティ総額が高い傾向。親・親族からの援助と挙式、披露宴・披露パーティ総額は関係する
挙式、披露宴・披露パーティ費用に対する親・親族からの援助があった人は72.6%で、昨年の調査と同程度。援助総額は166.9万円で、昨年の調査から4.5万円増加。
■親・親族からの援助がある人はそうでない人と比較し、挙式、披露宴・披露パーティにかける費用が高い。

調査概要

【調査方法】郵送法
【調査期間】2016年4月22日~6月6日
【調査対象】
北海道、青森・秋田・岩手、宮城・山形、福島、茨城・栃木・群馬、首都圏、新潟、長野・山梨、富山・石川・福井、静岡、東海、関西、   岡山・広島・山口・鳥取・島根、四国、九州の2015年4月~2016年3月に結婚(挙式、披露宴・披露パーティ)をした、もしくは結婚予  定があった『ゼクシィ』読者のうち、地域ごとにランダムサンプリングし、調査票を郵送。調査票への記入は妻に依頼。 
調査票発送数:13845件  調査票回収数: 5521件  回収率: 39.9%
【集計サンプル数】
計5223人〔北海道:330人、青森・秋田・岩手:139人、宮城・山形:205人、福島:131人、茨城・栃木・群馬:364人、   首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉) :856人、新潟:133人、長野・山梨:168人、富山・石川・福井:156人、静岡:203人、   東海(愛知・岐阜・三重):616人、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山):860人、岡山・広島・山口・鳥取・島根:328人、   四国(愛媛・香川・徳島・高知):148人、九州(福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島):586人〕

※回収されたサンプルのうち、対象期間内に挙式または披露宴・披露パーティをどちらも実施していないものは除いています。※地域別の集計は「結婚前の妻の居住地」で行っています。
※全国集計については、各地域の婚姻件数(平成26年厚生労働省人口動態調査)に合わせてウエイトバック集計を行った推計値を掲載しています(全国<『ゼクシィ』発行地域外[沖縄]および熊本県を除く>の婚姻件数合計は626562組)。
※図表中の「-」は回答なし、「0.0」は回答はあるが単位未満を示しています。
※本文中で使用している時系列のデータは、それぞれ過去に実施した同調査のデータです。調査方法、調査対象者は本年と同様、集計サンプル数については下記の通りです。
※2016年調査では、2016年4月に発生した平成28年熊本地震の影響を鑑み、熊本県の調査はしておりません。
※2011年調査では、2011年3月に発生した東日本大震災の影響を鑑み、「青森・秋田・岩手」「宮城・山形」「福島」「茨城・栃木・群馬」の調査は実施しておりません。そのため「全国(推計値)」の算出もしておりません。該当項目は、図表中では「*」で表示しています。
※ 山梨県は、2011年調査まで首都圏に含み集計していましたが、2012年調査から長野県と合わせ、長野・山梨として集計しています。また、鳥取県と島根県は、2012年調査まで調査対象外としていましたが、2013年調査から岡山県、広島県、山口県と合わせ、岡山・広島・山口・鳥取・島根として集計しています。さらに、熊本県は、2015年調査まで九州に含んで集計しています。

■ブライダル総研 結婚トレンド調査
http://bridal-souken.net/research_news/trend.html

本件に関するお問い合わせ先

https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/

記事一覧に戻る