2014年5月30日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

弊社運営受託サイトにおけるウイルス対策ソフトの警告表示について(6月28日以降のお問い合わせ窓口について追記いたしました)

弊社が一部運営を受託しておりましたWEBサイト(以下、「対象WEBサイト」)において、2014年5月24日(土)から5月26日(月)(以下、「対象期間」)にかけて、閲覧時にウイルス対策ソフトの警告が表示されること(以下、「本事象」)が判明いたしました。

対象:WEBサイトの運営企業様:株式会社エイチ・アイ・エス
対象:WEBサイト:海外旅行・国内旅行の総合旅行サイト「H.I.S.」( http://www.his-j.com/

本事象への対応につきましては、5月26日(月)の18時頃に外部のストレージサーバー上のファイルに不正な処理が生じていることを特定し、この不正なファイルを呼び出すタグが対象WEBサイトから除去されたことを確認しております。 その後の調査により、外部のストレージサーバー上でファイルが不正に改ざんされたため、対象WEBサイトの閲覧を通じてウイルス感染リスクが生じていることが判明しました。

対象WEBサイトをご利用いただくお客様には、ご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。


<対象WEBサイトをご利用のお客様へのお願い>
対象期間中に対象WEBサイト( http://www.his-j.com/ )を閲覧された方は、誠に恐縮ではございますが、お手持ちのウイルス駆除ソフトを最新の状態にされ感染のご確認及び駆除をお願いいたします。


 

 
※2014年5月31日(土)13:00、問題のウイルスおよび発生原因について詳細が判明いたしましたので、以下追記いたしました。

1)本事象で問題となったウイルス(以下「対象ウイルス」)について
調査の結果、対象ウイルスについて詳細が判明いたしましたのでご報告させていただきます。

・対象ウイルス名:Infostealer.Bankeiya.B
・対象ウイルスの詳細:シマンテック社の発表によるとInfostealer.Bankeiya.B は感染した端末が行ったオンラインバンキング取引情報などを収集することが可能です。

2)本事象の発生原因について
弊社が利用している外部のストレージサーバー管理会社における特定パソコン端末経由での不正アクセスにより、改ざんが行われたためと判明いたしました。

対象WEBサイトをご利用いただくお客様には、ご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。



※2014年6月28日(土)以降、以下のお問い合わせ窓口にて対応させていただきます。   

http://www.recruit-mp.co.jp/support/inquiry/

こちらの窓口よりメールにてご連絡をお願いいたします。
土曜・日曜・祝日にいただいたご連絡につきましては、翌営業日にお返事させていただきます。
お待たせしてしまい申し訳ございません。何卒よろしくお願いいたします。

 

記事一覧に戻る