RMP FEATURE

RMP FEATUREカンパニー

保育園と保護者をつなぐ kidsly(キッズリー)
スマートデバイスで、子どもの"今"を共有する

リクルートマーケティングパートナーズ(以下、RMP)は2016年3月15日、保育園と保護者のためのコミュニケーションサービス kidslyをリリースした。RMPの新規事業提案制度「NewRING byRMP」で2014年度グランプリを獲得したkidslyは、子育て環境のサポートを目的としたアプリだ。今年1月から全国13保育園で試験的に導入されたほか、鎌倉女子大学との産学連携プロジェクトを発足するなど、公開前から高い関心を集めていた。kidslyはどのように生まれ、保育に携わる人々はどう受け止めているのか。
開発を手掛ける森脇に聞いた。

2016-03-27

子どもの情報は、家族みんなの財産。
スマートデバイスから、子育ての輪が広がる

  「新規事業提案制度『NewRING byRMP』に向けて、最初は地域活性や若者支援を題材にした事業企画を考えていました。そんな中、小さなお子さんを持つお母さんが亡くなられるという出来事が、自分の身近なところで起こったんです。その後しばらくして、お子さんの事を細やかに書いたお母さんの日記を、お父さんが見つけました。その瞬間まで、お父さんは日記の存在すら知らなかった。それを聞いた時に思ったんです。もしその日記が家族で共有できていたら、お母さんの愛情や子育てへの想いをもっと知ることができたはず。お父さんや家族の、子育てへの関わり方が変わってくるのではないか、と。そして、どの家庭にもこういった問題はあるんじゃないか、と考えるようになりました。」
 
 この出来事をきっかけに子どもの日常についての記録を探した森脇は、やがて保育園の連絡帳へとたどり着く。そして保育園へのヒアリングを重ねるうちに、保護者や保育園が抱える様々な悩みを耳にすることになった。
 
 「保育園に子どもを預けている保護者の方とお話すると、特に第一子のお母さんの中には、小さいうちから自分の手を離して保育園に入れるということを気にする方が多いと気付きました。これを前向きに捉えるには、保育園で子どもが友達とふれあう中で社会性が身につき、保育士さんに見守られながら、すくすく幸せに成長している様子が実感できることが必要だと思ったのです。一方で、全国250以上の保育園を訪問したところ、保育士さんが直接感謝される機会が少ないように感じました。保育園の情報がお父さんやお母さんに届き、保護者から感謝のコメントなどが気軽に返せるサービスを作ることで、保護者と保育園の子育てを行うパートナーとしての関係がより密になるようにしたいと考えたのです。」
 
 
こうした声に耳を傾けて開発されたkidslyは、手書きが主流の連絡ノートをデジタル化することで負担を軽減し、さらに保育園での子どもの様子を写真で手軽に共有できるアプリだ。
 
 「保護者の方に会うと、保育園の様子をもっと知りたいという話を良く聞きました。写真を使えば、子どもが保育園で過ごす様子が雰囲気と共に伝わる。保育士さんが投稿した子どもたちの写真には、沢山の”いいね”がつくのですが、その半分が普段は保育園に来ないお父さんからだった、という事もありました。海外赴任で年2回しか帰ることができないお父さんから、毎日の子どもの様子が伝わる事を感謝されるなど、子どもを中心とした関係の深まりを実感しています。」
 
 kidslyは保育園が契約・導入し、在園児の保護者は家族など閲覧できる人を4人まで登録できる。単身赴任の方や遠くに暮らす祖父母など、普段子どもの近くにいない人にも、子どもの情報を共有できるのが特徴だ。保護者は子どもの保育園での様子を見てコメントを書き込み、保育士はそれを見て保護者の反応を身近に感じることができる。離れていても、スマートフォンを通じ子どもの今を知ることで、関心が高まる。コミュニケーションの連鎖が、多忙な日々に追われがちな育児期の保護者と保育士を繋ぎ始めている。
 
 保育士の業務負担軽減も、kidslyが貢献したいテーマの一つ。多くの手書き書類や登降園時の電話などの業務に、ICTを取り入れることで効率化できる部分はないか。そうして開発された登降園管理の機能は、保育士と子どもの触れ合う時間が増える兆しを見せている。
 
 「今まで保護者は遅刻欠席を電話で連絡していました。保育士は、登園する子どもを見ながら電話応対しなければならなかったのですが、kidslyでは出欠席を全て一覧で表示できます。kidsly試験運用の開始日がちょうど雪の日だったのですが、普段ならひっきりなしにかかってくる電話が鳴らず、遅刻や欠席がアプリで手に取るようにわかった、と驚かれました。連絡帳の記入時間も3分の1になったとベテラン保育士さんが喜んでくれています。」
 
 

真摯に考え抜いた小さなアイデアが、
NewRING byRMPで大きく羽ばたく

RMPの新規事業提案制度「NewRING byRMP」で2014年度のグランプリを獲得し、ついに事業として公開されたkidsly。森脇は新規事業を立ち上げることを目的に、RMPへの転職を決意したと言う。
 
「転職の面接では『NewRING byRMP』に挑戦したい!と言ったことしか記憶に残っていません(笑)。個人的には、社会貢献にとても強い興味があります。RMPに入社したのも、教育における機会の格差を無くしたいという弊社代表の山口の記事を読んだからです。リクルートやRMPの短期的な業績向上よりも、リクルートのアセットを使って社会をより良くしたい。それが将来、会社に利益を還元できると信じています。
 
 
『NewRING byRMP』は会社に自分のやりたい事業を提案できて、その事業を社会が求めていると会社が判断すれば、実現できる。この意義ある制度をうまく使って、より良い社会を実現したい。最初は身近な2人にメールを送ったところから始まった、小さな小さなアイデアでした。その案を真摯に謙虚に考え抜くことで、社会へ向けて発信できる機会を得た。これからも信念をもって行動し続けたいと思っています。未来の当り前を創るためにチャレンジしていきます。」
 
250を超える保育園にヒアリングを重ねることで、負担の軽減と感謝の循環という2つの答えへと辿り着いた森脇とkidsly。保護者と保育士、そして何より子どもをより良く育むために生まれた小さなアイデアは、いま大きな船出の時を迎えた。
 

kidslyを通じた産学連携の共同プロジェクトについて(鎌倉女子大学 児童学部 児童学科・小泉裕子教授)

 
「私たち養成校は質の高い保育人材を育んでいますが、一方で早急に保育士の量を増やす対策も講じなければなりません。現状を解決する方法を模索する中で、森脇さんから連絡を受け、kidslyと出会いました。研究しているニュージーランドのlearning storyと活用目的が共通している点にも注目しましたが、パーソナルデバイスを利用するkidslyは、情報ネットワークが整備されている我が国の環境と親和性が高く、興味を持ちました。kidslyは保育の質の向上と、保育士の業務負担軽減の両方にアプローチしている点が優れていると感じたのです。
 
 これからの保育は保育園だけではなく、保育士と保護者、そして地域がチームとなって行うべきです。保育士が投稿した普段の園の様子に、ママ・パパや祖父母からのコメントがつけば、保育士の子どもの見方もより丁寧になり、日々変化が現れるでしょう。保護者にとっては我が子の成長ぶりをタイムリーに実感し、保育士の視線と同じレベルで発達の姿を的確に理解できる。双方向コミュニケーションのkidslyが人を繋ぎ、連携を生むきっかけになるのではないでしょうか。」
 

試験的にkidslyを導入して(社会福祉法人 山ゆり会 まつやま大宮保育園 園長・松山圭一郎氏)

 
「保育士の業務には書き物が多いんです。本来は子どもと多くの時間を過ごすべき仕事なのに、事務作業に追われてしまっています。行政上必要な書類に加え、連絡ノートはほぼ100%手書きです。そんな中紹介されたkidslyは、スマートフォンやタブレットで連絡帳を書け、さらに父母や祖父母と手軽に情報を共有できる。子どもや保護者との関係をより良く構築できるのではないか、と思いました。
 
 最初は、新しい事にチャレンジするのが苦手な保育士は多かった。でも数日で慣れて、今はみんな楽しんでます。写真は1枚でいいんですよね?と言っていた保育士が、2、3、4枚と写真の数が増え、撮影の角度や表情などにこだわり始めました。よりいいものを保護者に伝えていきたい、という気持ちが芽生えてきているようです。
 
 連絡ノートは、父母のどちらかが読んで、子どものカバンにしまったままにしてしまうことが多いのですが、スマートフォンならぱっと気軽に見ることができます。忙しい父母が通勤電車の中で書けるのは素晴らしいこと。保護者の方も、担任から写真が送られてくるのはとても反応が良く、コメントが長くなったように思います。他園では、バス送迎で担任と保護者が会わないこともあります。直接コミュニケーションが取れることは大きな魅力なのではないでしょうか。」
プロフィール画像

森脇 潤一

ネットビジネス本部 ラーニングプラットフォーム推進室 事業開発部 事業開発グループ
[経歴] 広告会社を経て2013年11月入社。アドテクノロジー領域の企画開発、営業チームリーダーを担当。新規事業提案制度「NewRING byRMP 」2014年度グランプリを獲得。

NewRING byRMP 2014年度グランプリ 森脇 潤一 (受賞映像)

同じカテゴリの特集