企業メッセージ

ありたい姿

私たちは、ひとりひとりの
ライフイベントの積み重ねに寄り添い、
人生の"しあわせの総量"が
増えている世界を目指します。

30年後の2045年。私たちの暮らしは、どうなっているのでしょうか。
テクノロジーの進化により、住む地域や働く場所に、もはやとらわれない暮らし。
年齢の差や性の差にも、もはやとらわれない生き方。
自由を手に入れる一方で、人との関わりは、
もしかしたらより希薄になっているのかもしれません。
私たちは、多様な価値観と向き合いながら、つらい時も悲しい時も含めて、
ひとりひとりのライフイベントの積み重ねに寄り添いつづけていきます。
ここでいうライフイベントとは、けっして特別なことだけをいうのではありません。
たとえば結婚記念日に夫が妻のために苦手だった手料理をつくってみることや、
たとえば運動会で頑張った子供によくやったねとお祝いすることも。
それぞれの人にとって、大きさもさまざまでありながら、
みんなの気分を少しでも上げる出来事のこと。
それは、ひとりひとりの日常を前向きに充実させ、
もっと幸せな気持ちにすることができることです。
誰かと出会い、関わり、つながっている人を幸せにしたいと思うことです。
日常の出来事を増やし、輝かせて、その積み重ねによって
人生そのものの"しあわせの総量"を増やしていく。
それが、私たちリクルートマーケティングパートナーズの目指す世界です。

画像

はたす使命

私たちは、ひとりひとりの人生に起こる
拍手の機会と量を増やしていきます。