close
Ignition Ignition

変えることを恐れない
現状に満足したら
進化はない

K.H

Quipper Ltd. / インフラ

大学院でシステムデザイン工学を専攻。外資の大手SIerで社内アプリケーションの開発や普及のためのカスタマイズ・研修等に携わる。
自社サービスを開発する仕事に関心を持ち、医療系のポータルサイトを運営する企業へと転職、
要件定義から運用まで一気通貫できる仕事を経験し、さらなるチャレンジを求めて、2013年Quipperへ入社。
会社の全体最適のエンジニアリングを担うDevOpsチームのまとめ役。

開発したアプリの普及までを担う仕事

Quipperに入社されるまでの経緯は?

最初の就職先は外資の大手SIerで、社内Webアプリケーション・フレームワークを開発する組織に配属され、フレームワークや周辺ツール、コードジェネレータやエディターのプラグイン開発などを行いました。アプリはただつくるだけじゃ意味がないので、社内に普及させるために、実際に適用してくれているチームにスペシャリストとして参画してカスタマイズを行ったり、研修をしたりといった仕事をしました。そのうちに自社でサービス開発をしているところで、サービスをつくって、運用して、改善してといった一連の流れを丸ごと経験したくなり、医療系のポータルをやっている会社に転職をしました。

転職をしてみて感じたことは?

企業の規模でいうと2万人から100人ぐらいに。SIerだと設計があって、コンサルがあって、コーディングして、とすべて担当が分かれるんですけど、ここは要件定義から開発、運用まで1人にまかされるので仕事の仕方が大きく変わりましたね。

Quipperに入社したのは?

2つめの会社は当時すべてオンプレだったんですね。当時クラウドに興味を持ち始めて個人的に触ったりはしてたんですけど、会社に提案してもなかなか話が進まなくて、もっとチャレンジがしたいなと思っていたときに、Facebookの広告で、クラウドで教育系の面白いことをやっているベンチャーがあると知って連絡をしました。

チャレンジングなこと
がしたくなった

まだ日本支社もない頃ですね?

これから立ち上げようというタイミングで、正直どうなるかまったくわからなかったです。潰れるかもしれないけど、一方で「自分が頑張れば潰れないかも」という思いもありました。エンジニアがやれるのはシステムをつくって安定して稼働させていくことだけで、それにビジネスがついてくるかどうかは運もあります。まずは自分の仕事をきっちりやっていく。それをちょうど興味のあるクラウドを使ってやれるというのはチャレンジングだと思ったし、ぜひやってみたかったですね。

入社後はどんな仕事を?

もともと日本支社が立ちあがったのは某企業と提携していたプロジェクトをやるためでした。その案件は残念ながら無くなってしまい、実をいうと社内失業のような状態に。「さあ、どうしようかな?」となって、社内にあるいろんな課題に目をつけて、新しいツールの導入を提案したり、データ分析の基盤をつくったりしていきました。そこからじわじわDevOpsのほうにジョブチェンジしていきました。

社内課題を解決し最適化するDevOps

DevOpsの役割とは?

一言で言えば会社全体をエンジニアリングする仕事です。基盤、インフラの管理、モニタリング、レポーティング等を、ツールや新しい手法を活用して改善していく役割を担います。これがなぜ必要かというと、プロジェクトベースだとどうしても目の前のことが優先されるので、会社全体を最適にするという目線が持ちにくいんですね。

具体的にはどのようなことを?

たとえばGoogleのBigQueryを導入してデータ分析やレポーティングが容易にできるようにしました。最初は開発用のツールだったんですけど、勉強会を開いたり、こんなSQLを使うと便利になるよといった啓蒙活動をして、エンジニアだけじゃなくビジネス側のスタッフも、自分でKPIを設定して使えるようにしました。レポーティングって時間がかかるし、意思疎通のロスが大きいのですが、それが大幅に改善されました。会社の中には何かしら課題があるので、そこに気づいてツールを探したり、自分でつくったりして、ビジネスに活かせるカタチで普及させていきます。

直近の目標を自分で考え、自分から動く

どんなエンジニアを求めていますか?

Quipper全体としては、自社サービスをやっている会社なので、自分のやりたいことがあって、技術的バックグラウンドをもったうえでポリシーや意見が言える人。英語に関しては、GitHubでUKやフィリピンのエンジニアと日常的に議論をするので、少なくとも読み書きはできたほうがいいですね。いろいろな国籍のエンジニアがいて、意見が強かったり、若くて勢いがあったりするので、今後は日本のエンジニアもそれに負けない感じが必要になってくるかな。

DevOpsでいうとどうですか?

変えることを恐れないこと。システムやサービスには安定が必要というのはありますけど、現状に満足することなくもっとよくしていこうというモチベーションがあって、どんどん提案をしていける人がいいですね。使える予算というのはあるのですが、その中で何をやるかという権限は与えられています。逆に言うと、自分から動かないとダメで、直近の目標を自分で考えて、何をやるか自分で決めていくことが求められます。たとえば半年先を見込んでユーザー数が3倍になったら今のままじゃもたないから、何をしないといけないのか、とか。会社とシステムをもっと安定させて、もっと進化させるために、やるべきことを自分からガンガン提案したい人にとっては、やりがいのある仕事だと思います。

INFORMATION : Recruit Marketing Partners INFORMATION : Recruit Marketing Partners

勤務地
東京
月額給与/賞与
月給:34万928円以上(一律手当含む)
※アサインされる仕事内容により異なります。
賞与:年2回(6月、12月)
◆年収モデル例
580万円/26歳(社会人歴4年目・入社1年目)
782万円/30歳(社会人歴8年目・入社3年目)
勤務時間
フレックスタイム制
休日・休暇
年末年始、夏季、GW、婚姻、産前産後、慶弔、忌引き、転勤休暇、サンクス休暇(家族に関連する記念日に年間1日取得)、STOC休暇(未消化有給休暇の積み立て)など
諸手当
深夜・休日勤務手当、追加割増手当、通勤交通費(当社規定による)ほか
その他諸制度
社員持株制度、育児休職制度、介護休職制度、看護休暇制度、育児短時間勤務制度、
確定拠出年金制度、退職一時金制度、社会保険(健康保険、介護保険、厚生年金保険、
雇用保険、労災保険)

INFORMATION : Quipper

勤務地
東京
月額給与/賞与
月給:34万928円以上(一律手当含む)
※アサインされる仕事内容により異なります。
賞与:年2回(6月、12月)
◆年収モデル例
580万円/26歳(社会人歴4年目・入社1年目)
782万円/30歳(社会人歴8年目・入社3年目)
勤務時間
フレックスタイム制
休日・休暇
年末年始、夏季、GW、婚姻、産前産後、慶弔、忌引き、転勤休暇、未消化有給休暇の積み立て(2013~2015年有給消化率実績:100%)
諸手当
深夜・休日勤務手当、追加割増手当、通勤交通費(当社規定による)ほか
その他諸制度
フリーロケーション制度(海外オフィスでの短期勤務の支援)、書籍購入制度、 海外カンファレンスの派遣制度、育児短時間勤務制度、育児休業、介護休業、社会保険(健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)

Quipper社の開発体制、サポート、人事制度等については、本ページの記載内容と異なる場合がございます。
ロンドン、マニラ拠点の採用情報はQuipperサイトでご確認ください。

Quipperサイトへ